微弱無線モジュール2006/05/08 00:19

strawberry-linuxで微弱無線モジュールを買う。送受信基板が各500円、こう聞くと格安にも思えるが、中身はそれなりの物である。送信側はSAWを発振子として使い315MHz/A1D、受信側はLC共振回路1段だけ?で、ノイズには滅法弱そうである。スペアナで見てみると、確かに315MHzあたりで発振しているのがわかる。受信基板のテストはしなかったが、そんなには飛ばないだろう。ちなみに、それなりに飛ぶようなアンテナを付けて使えば電波法違反である。strawberry-linuxでも技適を受けろと逃げ文句が書いてあるが、現実的な話ではない(笑) もっとも、こんなブラックな無線システムは五万と輸入され使われているが・・・ 自分は、ロボット(rsv2)の無線システムに使用する予定。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://js1rsv.asablo.jp/blog/2006/05/08/356809/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

RSS