ガーゴイルキッドのセンサ その12016/02/16 04:00

掴める手の根元あたりに距離を測るセンサが3つ付いています。
超音波センサ2つと、赤外線センサ1つ、但し今回は、赤外線センサのソフトが間に合わなかったので未使用ですw

このセンサは攻撃モーション発動後に相手の位置を把握するためのもので、2つの超音波センサで、相手が横(±45度以上)に居るか、前に居るかを判断、更に前に居る場合はその距離から射程範囲か判断します。
横に居れば横攻撃にならない様に自動で移動、射程距離外であれば間合いを詰めるように自動で移動します。

手先を開き、構えながらピクピク動いている状態がありますが、これが半自律モーション稼働中の状態です。ただ、相手(機体)の形状によって、誤動作することがあり、逆にピンチを招く状態になることもしばしばでした。

コメント

_ 人形つかい ― 2016/02/16 12:09

半自律機能の紹介ありがとうございます。
2Fから観戦していて、「相手の横に回りこんでからの攻撃がうまい!」と思っていましたが、それがまさに半自律機能の攻撃アシストだったのですね。

_ 吉田 ― 2016/02/16 21:37

人形つかいさん、こんばんは
ガーゴイル予備機を相手に、センサの調整しましたので、ガーゴイルに近い形状の機体には良く反応していました。誤動作する機体も幾つかあり、センサ技術は難しいようです。
自律制御のネタは、まだ残っているので気長に実現してゆきたいと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://js1rsv.asablo.jp/blog/2016/02/16/8019359/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

RSS