raspberry piその後2017/01/30 00:13

ロボに載せるマイコン(raspberry pi)用のインターフェース基板が出来たので、プログラム環境の準備をする・・・

手馴れた、eclipseにc言語でアプローチしてみたかったので、母艦(linux ubuntu 16)にあれこれインストール、紛いなりにもリモート環境を構築。
さて、シリアル等gpio環境の組み込み・・・ と思ったけど、案外情報が少ない。wiringPiというのを使うと簡単というので試してみるが、eclipseにクロス開発環境構築となると、更に情報が少ない・・・
色々やってみるも、ライブラリを読んでくれない(フルパス指定してるのに)w

いっそ、開発環境はopencvが安易なpythonにするか? pythonだとクロス開発する意味すら無いような? 振り出しに戻るw
うーん、この2日間を返せ~


こんなことしてて、ホントに間に合うのだろうか???

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://js1rsv.asablo.jp/blog/2017/01/30/8340973/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

RSS