jetson nano その後32019/11/25 23:20

jetson nano 覚書

シリアルはそのまま使用可・・・
/dev/ttyTHS1
J41 , 8pin : TX , 10pin : RX

i2cは・・・
sudo apt install python3-smbus
J41 , 3pin : SDA , 5pin : SCL

GPIOの制御はこのへんが有用です・・・
http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/nvidia_jetson_nano_gpio_blink_led_switch/

個人的には、nanoと、minicom を入れました

追記 11/26
pythonでシリアルを使う場合・・・
sudo -H pip3 install pyserial

USBオシロを買ってみる2019/11/24 20:15

picoscope 3204Aを買ってみる
picotech社のオシロスコープソフトには、シリアルデコードという機能があって、波形からデータコードを表示してくれる(写真)。

サーボコントローラ自作の際に、サーボからの信号が上手く拾えなかったの事があったので、これで実証してみると次回から解決の糸口になりそう・・・
速度500MS/s バッファ4MS らしいので、UART程度ならスペックは過分なハズ。

jetson nano その後22019/11/18 22:37

jetson nano + realsense のその後・・・

raspberry pi 4 は使えるようになるまで先が長そうなので、次回はjetson nanoで動かそうと考える、
前回、realsenseの環境を整えた時(6月頃)はpythonはそのままでは使えなかったが、今は標準でpythonが使える模様、gitして、スクリプトを走らすだけ。

最新版だと importするのは realsense2 でなく、pyrealsense2

stm32でサーボも動かせるようになったので、そろそろハコ(機体)を設計しつつ、制御ソフトに取り掛かれるかな?

RSS