物体判別おもちゃ2019/11/28 23:14

約3000円でカメラ+表示器+ニューラルネットワークプロセッサが付いた、M5 Stick V というのを買ってみる。

ちなみに、買って電源を入れると、即、顔認識が動き出すという玩具価格のAIカメラ。
SDカードにソフトを入れると色々遊べるらしい、ネットで見つけたBrownieという、物体判別し結果を音声で教えてくれるソフトを入れてみた。

https://github.com/ksasao/brownie/blob/master/README.ja.md

これは「ネコ」です、とか、これは「ヒト」です、とか教えてくれる。
家族や会社でも大ウケ、
寝てるKHRを認識するより100倍、ウケ受けが良いようですw

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://js1rsv.asablo.jp/blog/2019/11/28/9182692/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

RSS