ESP-WROOM-32開発ボード2017/03/19 12:14

先週、ESP-WROOM-32単体を買ったばかりだけど、秋月で評価ボード付きのESP-WROOM-32開発ボードが発売になったので確保。

ロボに載せるには無駄が多いし結構大きいし重いけど、評価、開発用には便利そう・・・
このところ、raspberry pi zeroといい、ロボに載せるのに魅力的なデバイスが複数登場、でも評価の為に更なる時間を取られそう・・・
zeroは入手すらできてないしw

脱線2017/02/04 16:23

pic32mxをいじり始める・・・
RAMが64KB、UARTが2chあるmipsな1chipのPIC
手馴れたPIC16F系とは毛色が違って、開発ソフトも作法も全く異なる
この時期に始めなくても、と思っていたけど初めてしまったw

今日、明日は何処にも行かずに、脱線に専念w

raspberry piその後2017/01/30 00:13

ロボに載せるマイコン(raspberry pi)用のインターフェース基板が出来たので、プログラム環境の準備をする・・・

手馴れた、eclipseにc言語でアプローチしてみたかったので、母艦(linux ubuntu 16)にあれこれインストール、紛いなりにもリモート環境を構築。
さて、シリアル等gpio環境の組み込み・・・ と思ったけど、案外情報が少ない。wiringPiというのを使うと簡単というので試してみるが、eclipseにクロス開発環境構築となると、更に情報が少ない・・・
色々やってみるも、ライブラリを読んでくれない(フルパス指定してるのに)w

いっそ、開発環境はopencvが安易なpythonにするか? pythonだとクロス開発する意味すら無いような? 振り出しに戻るw
うーん、この2日間を返せ~


こんなことしてて、ホントに間に合うのだろうか???

RSS