ミラーレンズの真実2021/11/28 22:27

kenko 500mm F8 ミラーレンズを2ヶ月程使ってみた。
http://js1rsv.asablo.jp/blog/2021/10/04/9429525
http://js1rsv.asablo.jp/blog/2021/10/31/9436496
http://js1rsv.asablo.jp/blog/2021/11/02/9437164
ミラーレンズのピント合わせは難しい・・・
何度と無くチャレンジして、上手くいったり行かなかったり・・・

思う処あって、時系列でピントの状態を確認してみた。
1番上の写真は、ピント合わせ直後のピクセル等倍の状態
2番目の写真は4分後、すでに星像が変形している
3番目の写真は30分経過した星像、星が2つあるw

この間の違いと言えば、
①レンズ筐体が外気に冷やされた形状変化(部屋から出して赤道儀に固定、ピント合わせ)
②重力により徐々にレンズ筐体が歪んできたw
後者は有り得ないと思われそうだが、このレンズは筐体の真ん中を透明テープで貼り付けて止めているだけなのだwww

まあ、この程度の性能ということを理解していれば腹も立つまいwww

明るいレンズを買う2021/11/28 16:24

一般的な交換レンズは、明るくてもF2.8程度。そんな中、sigmaの旧型の30mm F1.4を入手してみた。新型でも4万程度なので一般的な価格帯のレンズ、旧型と光学的には大差なくコーティングが少し良くなった程度らしいので旧型にした。解像度が高いらしいし、中古なら1万円程度で買える。
F1.4だと今まで写らなかった物が写るかも? と思ったけど、そうでも無かったwww

開放(F1.4)でも中央の星像の解像度はかなり高い! でも、周辺のコマ収差が酷いw 周辺減光も結構多い、青ハロ、赤ハロも凄い。まあ、高級レンズではないので、こんなものなのかな?

オリオン座のバーナードループが写らないか試してみる。以前、pentax 35mm F2.4と同じ構図。
http://js1rsv.asablo.jp/blog/2021/11/07/9438200
但し、月出の都合で、まだ高度が低い状態。コンディションが良いとは言えないけど・・・ とりあえず

sigma 30mm 30sec.x24 F2.0 iso6400
F2.0まで絞ったけどコマ収差は残ってる、周辺減光も残ってる。pentaxの撒き餌レンズ(35mm F2.4)を超えてる様には思えないかなw

カビレンズ再生 その32021/11/26 21:50

更に色々調査した結果・・・

結局、この40年前のレンズ(smc pentax 300mm f4.0)の実力はこんなものw

星像(点像)がボケるのは球面収差のせいで調整でどうこう出来るものではなく、レンズの解像度不足。ピントをずらすと、青ハロや赤ハロが出るから色収差も凄い。
ピント合わせは、一眼レフのピクセル等倍で合わせるから露呈したけど、フィルムカメラ時代では十分な解像度だったんでしょうね〜

手持ちの安レンズ、smc PENTAX-DA L 55-300mmF4-5.8EDの方が、暗いけど、ずっと解像度が良いw EDレンズ使用だものね!
カビは無くなったけど、写りはさほど変わらない感じ。やっぱ、DA* 300mm F4は必要だ!! www

RSS