秋月のジャイロ その32009/02/15 13:08

サッカーも終わり、ちょっと一服・・・ 懸案の秋月ジャイロを触ってみました。

1.まず、アンプのゲインを下げる。R3、R6を1KΩに変更。これでx1.1になります。LPF特性は無視(^^;) (最終的にR3,R6,C9,C10を外した)
2.大きな角速度を与えると出力信号がクリップすることを確認。(ダメじゃん)
3.アンプに使われているNJM2115は単電源アンプではないので、0V近辺の出力になったら誤動作する模様。(ダメじゃん)
4.というわけで、C6、C7の出力側からRCB3に直結。(これでもオフセット補正は効くけど・・・でも)
5.とりあえず、さくら2号に搭載。(なんと、今まで全くジャイロが効いていなかったことに今更ながら気づく)


写真は、配線の引き出しの様子、R3,R6,C9,C10,抵抗(1KΩ)の脱着は必要ありません。

秋月のジャイロ その22009/02/13 15:03

ようやく秋月の格安ジャイロを入手できたので回路図を見てみました。

OPアンプ部はLPF構成の非反転アンプ。よくみるとゲインが約10倍! 誰かがRCB3のゲインを最低にしても動きが大きすぎると言っていたけど、ハードで10倍になってるからダメなのね。

ということで、ダメじゃん! 一番簡単な解決方法は、ジャイロのICの出力を直接RCB3に繋ぐ方法。たぶん、これでも使えます。という私はKONDO-CUPを明日に備えて実験はできないので、追試は日曜以降です・・・

秋月のジャイロ2009/01/31 08:58

秋月のジャイロが、ちょっと気になったので調査・・・
(ちなみに持ってません、web調査のみ)

ENC-03R
http://www.murata.co.jp/products/catalog/pdf/s42.pdf

・KONDOが多様しているのは ENC-03M らしい。
・モノ的には同等品らしい・・・ (少しノイジーという噂も)
・秋月の回路はデータシートの参考回路と同じでしょう(^^;)
 ならば、フィルタが付いているだけと考えられる。
・ENC-03Mはフィルタ(バッファ)なしで使えてます。
・圧電振動ジャイロは互いを2cm以下に近づけてはならないらしい。
 「ENC-03RC と ENC-03RD」や「ENC-03MA と ENC-03MB」 ならばOK

そのうち買おう・・・ アキバ行く暇がない・・・

RSS