微弱無線モジュール その後2006/05/09 23:24

簡単な通信実験を行ってみた。送信機は前回同様にパルス発生器につなぐ、電源電圧は3V。受信機はオシロにつなぐ、電源電圧は5V(3Vでは動作しない)。

送信機は通電しただけでは電波を出力しない。DATA信号をHiにすると発振する。受信機は無信号時はランダムノイズを拾ってしまう。受信するとレベルはHi、送信機でDATA信号をLOWにすると、受信信号もLOW。ただし、長時間、無信号ならノイズが乗るはずだが。送信波形が50Hz(20mS)程度では、ちゃんとLOWレベルになる。

今度は送信パルス周波数をあげてみる。20KHz程度までは、なまった矩形波と言えるかもしれない。それ以上は、周波数特性のせいか出力レベルがHi(4V)まで達しない。9600bps程度なら問題なさそうにも思える(至近距離の話だが)。ちなみにスペックの上限は3KHz、標準で1KHzとなっている。普通に使うなら1200~2400bpsで使うのがよさそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://js1rsv.asablo.jp/blog/2006/05/09/359510/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

RSS